サイドナビ
  • feedブログについて
  • 気づきBlog
  • 居合抜きブログ
  • 販促金言
  • 共感堂
サイドナビ
アーカイブ
気づきBlog

2017年10月03日(火) 10時00分
店舗の価値を上げるブランディングイベント

以前勤めていた会社で、
携帯の販売代理店様とお仕事をさせていただいていた時の話です。

大手の3キャリアの店舗では基本的に売っているものは同じで、
細かい付随のサービスに多少違いはあれど、
商品自体の料金形態やサービスにはあまり差がありません。

しかも昨今は格安携帯やSIMフリー端末が浸透し、消費者の

選択肢が増えていて、
新規顧客の囲い込みが思うようにいきません。

消費者からすれば、どこでも買えて、どこで買っても商品は

同じ、タイミングも当分は買い替えの予定がない、

という心理状態に対し、店側からすれば当然「当店で買ってほしい」

という気持ちがあります。

そこで各店が行うのは、
お客さんを呼び込もうとする企画です。

ある時、大きなショッピングモールに入っている大型店で、
平日の親子を対象にしたイベントを企画したことがあります。

その店は地方のショッピングモールで、親子でのお客さんが

多く、店頭スタッフもママさんが多かったので、

小さなお子さんにオススメの知育アプリだったり、
ママさんに寝相アートの撮り方をレクチャーしたり、
ママの相談所のようなイベントから始め、
まずは店のファンになってもらうことから関係をスタート

させて、ゆくゆくは固定客につないで行く、という趣旨の

イベントの企画でした。


それは

「お客さんを呼び込んで、その日のうちに契約させたい」
という趣旨のイベントではなく、
「お客さんを定着させていくために、まずはどういう店でありたいか」

という、店の価値を上げるようなブランディングの企画だった

と思い、とても勉強になりました。

M.Y

 

カテゴリー: [ブランディングについて]

 

 

ページのトップへ戻る