サイドナビ
  • feedブログについて
  • 気づきBlog
  • 居合抜きブログ
  • 販促金言
  • 共感堂
サイドナビ
アーカイブ
気づきBlog

2018年10月02日(火) 10時00分
時間がかかるからこそ価値がある

みなさんは去年の6月に原宿にオープンした、 
ROLL ICE CREAM FACTORY
(ロールアイスクリームファクトリー)というお店の
ロールアイスという食べ物をご存知でしょうか。

ロールアイスとは、タイ発祥の屋台スイーツで、
鉄板を冷やしながら、液状のアイスクリームをうすく延ばして固め、
くるくる巻いてロール状にしたイマドキなアイスクリームのことです。


このお店のアイスがオープン当初から注目されており、

テレビやWEB上で話題となっていました。

 

注目されている点は、
カスタマイズできることと、バリエーションの豊富さだそうです。

アイス、アイスにミックスするスイーツ、トッピング、ソースを
それぞれ選べ、「自分だけのスイーツ」をつくることが可能。

アイスはバニラ、チョコ、グリーンティー、ストロベリーなどの
定番フレーバー4種に加え季節に応じたフレーバーなど。

このように珍しくてかわいい、自分だけのスイーツを
作れるところが大きな魅力となっています。 

実際に出店して成功していますが、
実はオープン前に、つくるのに67分かかること、
鉄板に1人の従業員がかかりきりになるなどから
「時間がかかって、効率が悪い」し、儲からないと
いろんな方から指摘があったそうです。

しかし、このお店の運営者は逆に、
「時間がかかるからこそ価値がある」と考え、
6
7分間はイライラする待ち時間ではなく、
アイスの作っている工程(パフォーマンス)を
見ることができるステキな体験という価値で勝負したのです。

なので、厨房はオープン式。

それが功を奏し、今では作業を動画で撮影するお客様も
多くいるそうです。

また、並んでもこのひとときを体験したいというお客さんは
広い世代にわたり、平日には学生、土日は遠いところから
家族で訪れるお客さんもいるとのことです。

このように課題であったオペレーション効率を
逆転の発想で、価値にし、売れるアイスを生み出した
という点は非常に勉強になるなと感じました。



もっと知りたいという方はコチラへ
https://rollicecreamfactory.com/


J.I

 

カテゴリー: [商品開発について]

 

 

ページのトップへ戻る