居合抜きブログ

2011年11月17日(木) 10時06分

みなとみらいにあるカップヌードルミュージアムに行ってきました。
このカップヌードルミュージアムは日清食品創業者の安藤百幅氏の足跡を通じて
クリエイティブシンキング~創造的思考~をテーマにした体験型の博物館です。
 


総合プロデューサーはあの佐藤可士和氏。
白と赤を基調とした広々空間に清潔感のあるデザインも素晴らしく
ゆったりとした気持ちで見学することが出来ます。

 

カテゴリー: [気になる施設や場所]

 

2011年10月26日(水) 09時57分

先日、映画館にいったのですが、シネコンの入り口に
どーんと大きなテニスボール。



テニスの王子様の映画のPRのようです。
私以外にも写真をとっている方ちらほら。

どでかボールには、どうやら声優さんのサインが
書かれていたような。

兎に角、大きいって、それだけでインパクトですね。

k.t

 

カテゴリー: [キャンペーン]

 

2011年10月12日(水) 09時30分

最近利用頻度の高くなった店を振り返ってみると「まいばすけっと」が思い浮かぶ。我が家の近所に「まいばす」ができたのは、確か昨年だったろうか。最初は名前も知らなかったが、その後あちこちに出店し、あっという間になじみのチェーンになってしまった。

 

カテゴリー: [マーケティング]

 

2011年09月14日(水) 09時01分

ここ数年で洋服や靴などのリペアやリフォームが話題になっています。
洋服や靴の修理やリフォームのお店が話題になり、雑誌に取り上げられたり、
クリーニング屋さんが、その技術力に注目が集まり、全国から注文が集まったり、
結構名前や顔が売れてる方々もいらっしゃいます。
個人的には結構前から洋服のリフォームやリペア、クリーニングなんかにも
興味があったりするので、このへんのコトやお店、ヒトが注目されるのは
大歓迎、ちょっとうれしいです。景気なんかの影響もあり、
注目されてることもあるのでしょうが、
ちゃんとこういう方面の方々を職人として評価してほしいと思っています。
全体のクオリティアップのためにもですね。

ところで先日まさに職人店員?が揃う某ハンズさんに伺ったところこんなコーナーが。




ドイツのランドリー店でこだわった展開をされているお店だそうで、
そんな雰囲気をコーナー展開、グッズなんかが売られていました。
オーナーのこだわりがとても表現されたお店(ランドリー)のようです。

いろんなコトやモノ、お店なんかも考え方や焦点の当て方、魅せ方次第で
ずいぶん変わり、広がり、魅力的になるものです。
店づくりに限らず、販売促進のための企画や売場作りがとても大切であることの
一例だと感じたコーナーでした。

もちろんそこには誰かの強い想いやこだわり、実行する行動力が絶対不可欠ですが。

k.y

 

カテゴリー: [最近の店頭販促から]

 

2011年09月08日(木) 12時55分

最近男性のファッション雑誌はスナップ企画がすごく多い。洋服業界関係者が多いとは言え、
リアルなファッションスナップは買い物や着こなしの参考になったりして、
これなら自分でも!と身近にチャレンジできる感じがしていい企画だと思います。
しかもモデル料金とかもかかんないだろうし、雑誌に載る人はうれしいでしょうし。
作り手にとっても読者にとっても良い企画なのかな。
クールビズなんかもリアルクローズなスナップ企画の追い風ですかね。



売り場づくりにおいても販売促進として、利用者が商品紹介したり体験者が感想言ったりする
リアルで生の声のレポートなんて、もっとたくさんできないかな~あったらいいのにな~と思います。
ずーっと商品の感想やポイントが紹介されてたりする映像が流れてたりとか。
商品やサービスのもう少し詳しくてリアルなレビューや説明を売り場に!って感じでいます。
リアルであればあるほど買いたくなると思うんですけど。ちょっと怖いか(苦笑)。
でもリアルなの、効くと思うんですよね~。

k.y

 

カテゴリー: [売り場・店舗の活性化]

 

 1 | 2 | 3 | 4 | 5  >>

 

ページのトップへ戻る